スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国盗り物語

1973年にNHK大河ドラマでやってた司馬遼太郎原作国盗り物語の総集編DVDを買うて見終えた。
国盗り物語を核にして、新史太閤記、尻喰らえ孫市、功名が辻、さらにフィクションである梟の城まで組み込んだ大傑作。
めっさおもろい!
しかし残念な事に当時はビデオテープの重ね撮りしたらしく、当時放送してたものが残っていないらしい。
この総集編は全部で51回放送したものをわずか3時間に縮めてしまったもの。
しゃあけど、それでもむちゃくちゃおもろいのよ。
かなりテンポが速いが原作を読んでるので脳内補完して問題なし。
お万阿が妙に色っぽくて、興奮した。
どっかにテープ残ってへんのかなあ。相当おもろいで、これ。
高橋英樹が信長で、桃太郎侍かいなと思ってたが若い頃の高橋英樹は頬にたるんだ肉もついておらずなかなかにいい。
出世作となったらしいが、納得の演技。
宣教師が描いた信長の肖像画(写実的でもっとも本人に似てるという)にもなんとなく似てるし、イイよ、これ。
前はTBSの関ヶ原が素晴らしいと書いた事があったが、これを見ると全然ちゃっちくてかすんで見えるわ。
キャストも豪華で詳しくは国盗り物語Wikiを参照。
この時代のNHK大河は凄い!
90点

ところで突然ですが、ライブドアが韓国企業に買収とかになりそうなので、ブログを引っ越そうかと思ってる。
元々ライブドアは好きではなかったが、さすがに外国の企業に閲覧されたりするのは不本意なので。
移転先としてアメブロを考えたが、この社長もあまり好きではないので、HPのカウンターでも使ってるFC2にしよかなと思ってる。
また移転したらブログに記載します。いいとこがあったら教えてください。
スポンサーサイト

S-1グランプリ

久々にiPhoneのアプリをチェックしてたら、無料のトップにLive Link 3Gてのが来てた。
なんかよう解らんけど、今なら無料で1000円の有料アプリになるらしい。
これはすぐにインストールせなと思ってとりあえず入れてみた。
相方にも入れさせて試してみたら、あんた、これ、ネ申アプリやん。
あれですわ、TV電話。インターネット回線を使ってお互いのカメラで撮った映像を流しつつ話が出来るという。
素晴らしいのは自分の画像と相手から送られてくる画像が2分割で表示されて、音声カットしたり映像カットしたりがボタンで簡単にできる。
お互いに5桁の文字を決めていれるだけ。凄い! こんな簡単に接続できるなんて。
どっか行った時に友達とかにライブ映像を見せる事が出来るし、買い物を頼む時にもライブ映像を見せながらやれば選ぶ事も出来る。
つーかね、これ、ソフトバンク的にいいのか? だって電話料金関係なしに話出来るし、映像もかなりクリーンに送られてくるで?
早めに入れんと引っかかって削除されそう。

タイトルと全然ちゃうやんけと思われるので、その後更にアプリをチェックしてたら、S-1グランプリがiPhoneでみれるようになってた。
S-1グランプリて最初の頃ちょっとだけみさせてもろうたけど、あまりのつまらなさに唖然とした。
こんなしょうもない悪戯で1000万円貰えるんかとマジで驚いた。
歴代チャンピオンがあったんで、その中にビッグネームが並んでる。
なんとなくなだぎを見たら、おもろかった。
ひょっとして、レベルあがってる?
と思ってそこから次々に見ていった。
Non-Style……おもろすぎ。
まあ、しょうもないのもあるけど、Non-Styleは傑出しておもろい。
次になだぎかな。後はCowCowがにやっとする程度。
無料やし、いっぺんみてみて。

銀河英雄伝説舞台化

0549a3fb.jpg銀河英雄伝説舞台化やと!
今、レンタルでちょうど見直してて外伝まで来てる。
2chでもちょっと話題になっててキャストはこうだろ! みたいな投稿がこの画像。
2カ所で吹き出すので、是非クリック拡大して確かめてみ。
かなり見事なキャスティングやわ。
雰囲気ばっちり。

アカデミー賞

4445c9d8.jpgアバターが逃したか!
しかしハートロッカーってのはもろにわしの好みのストーリーなんでめっちゃ楽しみやあ。
戦争物では、地獄の黙示録がNo1やと思てるけどハートロッカーがどこまで迫れるか。
オビ湾はサイコーすよ! とメールを送ってきたが、しばらくは混み混みで見に行けそうにないのが残念。

写真は最近我が家で大人気のICOちゃん。そろそろ寝ようと思ったら既に寝てた。
ジョジョ的に、こいつはわしのスタンドと言われてる。特技 噛みつき。

ラブリーボーン

ロードオブザリングのピータージャクソンの最新作ラブリーボーンを見てきた。
ヤフーとかの評価が低く、超映画批評でも評価低し。1000万部も売った小説が原作らしい。
内容は、一言で説明しにくい。
14歳の少女が連続殺人犯に殺されて、この世に未練を残してさまようという話。
最初は家族版ゴーストかなと思ったけどそうではなく、連続殺人犯の話? と思ったけどそうでもない。当然ホラーでもない。
どこをテーマにしてるのかよう分からん色んな要素がミックスした不思議な映画でした。
ただ、かなりハラハラするし、ぐっと泣かせる場面もある。
最後の終わり方は「えー!」と思ったけど、ピータージャクソンらしいっちゃらしいので許さんとしょうがない。もやもや感はぬぐいきれんが。
そのおかげで一般人の評価がすこぶる悪いってのは分かる。が、しかし、超映画批評なんて映画好きで批評してる人間がこの映画を駄作と言うたらあかんでしょ!
おまえ、映画ほんまに好きなんか? いったいどこ見てるねん?
と言いたい。確かに今までもいくつか騙されたけど、このおっさん、まじでセンスないわと再認識した。
70点。
ちょっとひねくれた見方も出来る映画ヲタには勧めるが、一般受けする脚本じゃないのでたまに映画を見るって人には勧めない。
隣で相方が号泣してたが、飯の時にやたらとこの映画について熱く語り出したのでうっとうしくなってきた。
プロフィール

ciaoakio

Author:ciaoakio
livedoorブログから引っ越してきました。くわっ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。