スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンシュタインプラン


マンシュタインと言えば、ドイツ第三帝国の陸軍元帥で、二十世紀最高の戦略家と呼ばれている。
難攻不落のマジノ線をとらず意表をついたアルデンヌの森を越え僅か2週間でフランスを陥落させた事は有名。
当時、この作戦を立てたマンシュタインは全員に自然の要害であるアルデンヌの突破は無理やと反対されたが、唯一、一人だけがこの作戦を支持した。
ヒトラー「何故、ここが通れないのかね?」
このゲームジャーナルつう雑誌はかつてのウォーゲームブームの名残で未だにこつこつと国産デザイナーがゲームを付録(というより本体?)にして売っている。
信長最大の危機など、わしも時々おもろそうなテーマの時に買うた。
今は第二次世界大戦にまったく興味がないんやけど、この号の付録『激闘マンシュタイン軍集団』ってのが、アメリカのウォーゲーマーに非常に人気が高く、チャールズロバーツ賞、IGA、ダニガン賞とシミュレーションゲームの主立った賞を総なめにした。
というのを頭にあったんやけど、この前Jyamaとスカイプしてたら、その話題になり「今、日本では地味やけど世界では凄いと評価されてるのに日本人デザイナーによるウォーゲームがあるんですよ。日本では単なる一競輪選手の中野浩一だが海外では英雄みたいなもんです」
と言われた。
あ、そういやマンシュタインのゲームがあったなとすぐに思い立ったが、高騰するかも知れんので買うといては? と言われたからにはアマゾンで早速買うことにした。
ちなみに英語版はA Victory Lostというタイトルで発売されたようだがGeekで平均が7.9という恐るべき高得点である。
英語なんで読んでへんけどフォーラムではべた褒めされてるらしい。
うーむ、日本のデザイナーやるなあ。

今日は今からエヴァンゲリオンを見に行く予定。感想はまたあとで。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ciaoakio

Author:ciaoakio
livedoorブログから引っ越してきました。くわっ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。