スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

項羽と劉邦


司馬先生の項羽と劉邦には恥ずかしながら一度挫折した覚えがある。
文化背景が違う事からかなりバックグラウンドの説明に紙面を割いたので、読んでてしんどくなってしまったのだ。
というより、劉邦みたいな奴が皇帝になったかと思うとなんかやりきれんかったのかも知れん。
でも、再チャレンジしてみたら、おもろいのなんのって!
劉邦に対して好感を持つようになってくるから不思議。おもろい人物やわあ。
中国ほど国がでかいと反って信長みたいなタイプよりも劉邦みたいな才のない人間の方が上手くいくのかも。
中国をテーマとした小説といえば以前紹介した宮城谷昌光だが、夏姫春秋の途中で挫折した。
なんかね、漢字って人名か、国の名前か、日本語としての単語かが分からんようになって、ちんぷんかんぷんになるんよ。
天空の舟は良かったけど、夏姫春秋はちと酷い。
また、陳舜臣の中国の歴史って本も1巻だけ読んだ。
こちらは文章は上手いんやけど、時代が前後してしまって、少し解りにくいところがあった。ただ続刊はいつか読むと思う。
ところがや、司馬先生はさすがでした。中国の長編はこれしか書いてないけど、これさえ読めばその前後の歴史背景が解るというとんでもない本。もちろん宮城谷昌光の欠点なんか司馬先生には見あたらず、すすすっと入っていける。
司馬先生の凄さを再認識させて貰いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ciaoakio

Author:ciaoakio
livedoorブログから引っ越してきました。くわっ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。