スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河系の話

349d0b2a.jpg
dee2297e.jpg
コスモスを見終えて、わしの持ってる知識が狂ってたのが我々の住んでる銀河系の姿。
ずーっと渦巻き銀河(上)と思ってたし、見てきた写真も全部そうやったんで信じて疑わなかった。
考えたら銀河系ってどうやって撮ったんやろな、撮れる筈ないやんけとコスモスを見ながら思ってた。
そしたらやっぱり1980年以降、実は棒渦巻き銀河(下)ってカールセーガンが言うやんけ。
え、ええーー!! なんかめっちゃ衝撃を受けた。全然ちゃう。。
格好悪い。
アンドロメダ大星雲と双子の形なんてよう言えたもんや。大きさも全然ちゃうし。

日本科学未来館にて、科学者とお茶をしながらフリートーク出来る場所ってのがあって「どうですか?」と言われた。
行きたいのは山々やけど「わしみたいなおっさんが行っていいの?」つうたら問題ないという。
テーマとして第二の太陽系ってのがおもろそうなんで、待つ事にした。
で、待つこと20分。ようやく空いたので、席に座ろうとすると別のアベックが一緒していいですかときた。
レクチャーするのは20代くらいの若い子。胸にボランティア歴8ヶ月と書いてる。国立天文台らしい。
なんかパワーポイントに戸惑ってて「我々の銀河系にはどれくらいの星があるでしょう?」と訊く訳よ。
それってさっきからちらちらと1000億個って画面に出てたんやけどなあ。
と言うたら隣の女が「こらこら、進行を妨げない」と仕切りだした。

うわっ、うざっ!

光年の話になって「光の速度って確か1秒間で地球を24周半するんですよね?」とその女が言う。
それって…24時間と混同してるんじゃ…

(|| ゜Д゜)ガーン!!

「そんなには回らないです、えーと、何周かなんですよね」とボランティアは言う。

おいおい、いくらなんでも国立天文台ならそれくらいは知っとけよ。

「7周半ですね」とわしが何故か答える。

さらに、ボイジャーの速度について秒速10万キロくらいとか嘘ばっかり言うてるし。時速13万キロですよ、たしかわしの記憶では。
そんな光の速度に匹敵するスピードなんか出せまっかいな。
銀河系も2000億個ちゃうかったかなあと思ったり。ま、ここは誤差があるからええとして光の速度は覚えておいて欲しかった。
棒渦巻き銀河の事も知らんかったし。
生物が生存出来る惑星の条件についても知らんみたいで「ん??」と思った。
こんなもんですか、国立天文台は。がっかり。
結局、気を使って突っ込んだ話をせんかった。
あーあ、カールセーガンみたいな人に話聞きたいなあ。
隣の仕切りの女もうざいし、結果的に同伴は辞めて欲しかったわ。こいつが居らんかったらもう少し突っこんだ話出来たんやけどなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ciaoakio

Author:ciaoakio
livedoorブログから引っ越してきました。くわっ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。