スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者Xの献身

無料券があったのと近所でまだやってたんでちょっくら容疑者Xの献身の映画を見にいってきた。
最初は、進行がもうちょい原作通りでないと知らん人みたらちょっと意味解りにくいんちゃうかなあと思ってたが、ほぼ原作通りの脚本でなかなかに良かった。
75点
ただし、脚本家の手があまりにも見え透いたところがあって、そこらへんは現実に戻されてうんざりした。
例えば、ほとんどアリバイを崩せてないにもかかわらず、殺された人物がヤクザとかの絡みがあるという怪しい話を聞いたにも関わらず「犯人は、こいつに違いないんだ」と一般人の元嫁の花岡靖子の写真を警察が叩くシーンは、あまりにもおかしい。脚本家がハラハラさせようとした意図が見えて、アホくさくなった。
また原作にない雪山登山のシーンはまったくもって不要。もう戻ってくるん解ってるし。脚本家の手がまたしても見えてしまった。
意外やったのは堤真一の演技がなかなか良かった事。最後の見せ場はどう演技するんやろと息を潜めてみたが、かなりほろりときたわ。うん。
堤真一いうたら、オールウェイズやうぶめの夏のへっぽこぶりしか見てへんで大根やと思ってたけど、まあまあやってんな。
ところで、超映画批評で、原作のイメージが崩れるとかなんとか書いてたけど、あの人ってほんま、映画のどこ見てるんやろと疑う。
最近の映画の割に原作をかなり抑えてたぞ。どうみても。
原作のイメージが崩れるとは、流星の絆とかを言う。読んでへんけど酷すぎや。
あー、そうそう、見ながらずっと思ってたのは、福山雅治って麻生太郎に似てるなあということ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ciaoakio

Author:ciaoakio
livedoorブログから引っ越してきました。くわっ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。