スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーグルアイと流星の絆

超映画批評にて95点を付けてたので昨日イーグルアイを見にいってきた。
おもろなさそうと思ってたんやけど、相方が見に行きたいというので、ま、ええやろと。
序盤から、訳分からんまま、ずーっと進行。
いや、訳分からんという表現は違うか。きっと、黒幕はこうなんやろなあとプロモの時から薄々気づいてた。
プロット主体の脚本なので、そうなると全てのものが無意味に思えてくる。人間関係とか特にクローズアップしたものじゃないので、ばれちゃうと恐ろしくつまらないものになんのよな。
最初から最期まで恐ろしい眠気が襲ってきた。盛り上がりのシーンでもその状態はずっと変わらず。
映画館で寝る事だけはポリシーに反すると、足を組み替えたり、もぞもぞしたり、と必死。
なんかね、古いのよ。内容が。この手の話ってうんざりするほどあったから。
古い映画ファンやと逆にこれが、なるほど! 新鮮だ! なんて思ったりして楽しかったりするんやろな。だから超映画批評でも高得点となってると思う。
ゲームほど酷くはなく、途中の内容に意味はあったけど、30点。
おっさんのみに薦める。

そして録画してた流星の絆をようやく見た。
もう、びっくりしたね。
あまりの酷い内容に。
役者は大根というのもそやけど、なんといっても許せないのは脚本。
なんじゃ、こりゃ?
シリアスタッチの内容なのに、本線とはまったく関係のないシーンで出来上がってる。
しかもそれが内容にそぐわないやたらと軽いタッチで、なおかつ笑いを誘う内容なんやろうけど、まったく笑えない。
しかも過去の話と、現在の話をてれこに織り交ぜて、うんざりするほどかったるい構成。
こんなん、過去に両親を殺されてっていうシーンをしっかりと最初に織り込んどかんと、観客はまったく感情移入出来ひんやんけ。過去をちょろっと小出しに映し、現在のシーンでは、恋愛ものやら、詐欺やら、キャッチセールスやらと、殺人事件とはまったく関係のない話ばっかり。しかもつまらない。何言うてるか解らんかった。
こんな駄作初めてみた。この脚本家、有名らしいけど、ド素人よりも劣る。
2点。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ciaoakio

Author:ciaoakio
livedoorブログから引っ越してきました。くわっ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。