スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳と卵


寄った本屋で芥川賞を受賞した乳と卵の掲載されてた文藝春秋が面だしになってたので買うてみた。
…読むのが非常にしんどい。
なんじゃこの文体。まだ途中までしか読んでないけど、これって読んでも読まなくても結局何も書いてないんじゃなかろうか?
文章に改行がなく、句読点だけでつらつらと思いついたまま、順番関係なくひたすら「あーでもない、こーでもない」という事をひたすらつづってるだけ。
作者が割と可愛いので単に話題作りで選んだって感じ。ちょっくら真似して書いてみる。

なんだか本屋に寄ってみて、あ、これ話題の芥川賞取ったあれ、なんだっけかな、そうそう乳とたまごってヤツ、よく見ると乳とランと書いてることに気づき、値段をみると780円であるので、実際の単行本の値段と比べてみると安いことに気づく、しばらくどうしようかと悩んでると、そろそろ仕事に戻らないといけないし、結局これくらいならと店員にこれくださいと言うとささくさと品物を包んでくれたので、そのまま帰る事にしたが、これてほんまにおもろいんだろうかとふと立ち読みにふけると、まあ、なんとも不思議な文体で描かれてるのがアマゾンの批評通りかなとそれはそれで納得する。

全然ちゃうな(笑)でもこんな感じでダラダラと書いてて、まったく頭に残らんのよな。読む時間が無駄になりそうで、途中で辞めそうな予感はする。なんも書いてへんもんなあ、これ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ciaoakio

Author:ciaoakio
livedoorブログから引っ越してきました。くわっ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。