スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本色々


相方の誕生日プレゼントを買いに伊勢丹に行った。退屈そうにしてたら落ち着いて選べんという事で紀伊国屋に行っとけばと言われた。
前々から探してた本を物色。
まずは一夢庵風流記。北斗の拳の作者が書いた花の慶次の原作で、当時、これが好きやった友達がはまりにはまって語ってくれたわ。従姉妹も好きや言うてた。
司馬遼太郎の関ヶ原にもちょっと紹介されてて驚いた。かぶき者として。
でも調べたら、前田慶次郎ってほとんど史実に出てなくて、99%フィクションらしい。へー。
あいつ…慶次を尊敬するあまりお墓参りまで行ってたぞ(笑)
ま、ちょっとおもろそうなんで買うてみた。日本語が下手でありませんように…
で、もう1冊がバイク屋が読め読めとうるさい逆説の日本史。なんでも作者が独自の切り口で歴史に意義を唱えるみたいな本らしい。
ムーやな、これはw
1巻がなかったので、9巻をめくると信長の話やった。信玄が10年長生きしてたとしても天下を取れなかったと理由付けでうんぬんかんぬん。
ほほう。わしもそう思って周りにそう話してる。天下を取れたのは織田信長か、長曽我部元親しか居らんかったというのがわしの自説。
これが気に入ったので、どんな検証してるのか気になって9巻だけ買うてみた。おもろかったら1巻から買うてみてもいいかな。
で、後はわしが本来好きやったSF2冊。
最近、司馬遼太郎ばかり読んでるんで、気晴らしにSFを読んでみたかった。
星を継ぐものは前の会社の人が熱烈にオススメしてた。あらすじを読むとかなりいけそう。これはかなり楽しみや。
もう1冊はわしのバイブルである宇宙の戦士とはまた違った角度の軍隊小説らしい。
どちらもSF最高の賞である、ヒューゴー賞/ネビュラ賞を取ってるので間違いなさそう。
いやあ、それにしても本ってほんまにいいな。本読まない人は、確実に人生の5分の4くらい損してる。人類の友やわ。本があったから人はここまでなったと言うても過言じゃない。どんなけいい大学出てても、昔、賢かったと言われた人でも、本読んでない人は年食うとつまらない人間になるとお父んが言うてたけど、ほんまやと思う。本を読んだか読んでないかで人の面白さや深みが全然変わってくる。本を読んでない人は薄っぺらや。逆に言うと、本読んでる人は学歴関係なく話してても楽しい。今からでも遅くはないから、皆も本読んで欲しい。こんな素敵なものは世の中にないで。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ciaoakio

Author:ciaoakio
livedoorブログから引っ越してきました。くわっ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。