スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-1

今年は偉いレベル低いなあと思ってあまりワクワク感がなかったけど、蓋を開けてみたらレベルの高い戦いやった。
全然おもろないナイツが優勝したらどうしようかと思ってたけど、予選敗退で良かった。相変わらずまったくおもろない。
あれは漫才でない。
驚いたのはハライチ。23歳で、しょうもないやろと思ってたら、センスが良くてかなりおもろかった。
若さゆえにまだまだ漫才がこなれてないがツッコミがもう少し絡んで漫才にすれば、いつか優勝するとおもう。相当な実力を持ってる。
そして今年はなんといっても笑い飯が凄かった。
こいつらのWボケではドッカーンというのがなくてM-1で優勝できることはないわと思ってた。
一時は芸風も悩んだみたいで、通常の漫才をやったが付け焼刃ではまったく歯が立たないどころか持ち味をすっかり殺してしもうた。
ところが鳥人は、ドッカーンといった。
松本や紳助が褒めたたえた気持ちがよう分かる。
あのWボケの最終進化系を見た。最後の最後に芸というのは極めるとここまでくるんかと。Wボケをずっと見てきて歯がゆい思いをした人だけが、この鳥人の凄さを理解出来る。じーんときた。
そして同じく、もうネタないから決勝はあかんやろなと思ったらそのとおりやった。
松本のコメントの燃え尽きてチャーハンなったってのが妙にツボにはまって、笑いがとまらなくて死にそうになった。
ノンスタイルはすでに同じ芸でチャンピオンになってるから、安定したおもろさはあるもののワンパターンは否めず、パンクブーブーのおもろさが際立ってた。
こんなおもろいのに決勝が初めてって驚くわ。なんせ漫才をしっかりと勉強して、何度も何度も努力して芸を磨いてきたってのがわかる。素晴らしい漫才でした。
もしこれで功労賞で笑い飯がとるようならM-1も終わりやなと思ってたからパンクブーブーになって良かったわ。
ただし、時間が押してたみたいで最後の決勝は良くないな。あれは正統ではない。2分しかやってないやろ?
まあ、その中でもおもろかったのは確かにパンクブーブーやったからそれはそれでしょうがないんやけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ciaoakio

Author:ciaoakio
livedoorブログから引っ越してきました。くわっ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。