スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳月



歳月の上巻を読み終えた。
しかしまあ、なんつう、エキサイティングな本じゃ!
ジャンルとしては幕末ものではなく、明治時代に入ってからの江藤新平という佐賀藩出身の話。
薩長閥に対抗するために江藤が色々策謀を巡らすんやけど、西郷隆盛とか大久保利通とか大隈重信、伊藤博文、板垣退助などがそれぞれの思惑を巡らして、強烈に興奮する読み物となってる。
これぞ、政争の決定版ともいうべき小説。
これに比べたら現代の政治家なんておままごとやな。
異才同士である江藤新平と大村益次郎の対面シーンなんてどうなるんやろとハラハラして読んだわ。

久しぶりに司馬先生の長編を読んだけど、やっぱりこの人に敵う作家はいません。
最近は好きな人物を知りたくて(司馬先生のは全て読んだので)津本陽の戦国時代ものを読んでたけど、やっぱり格が違う。
しっかし、たまらんなー、これ。無茶苦茶おもろすぎ。
なんでNHKは大河ドラマでやらんのやろ?
今こそ旬やと思うけどな。
下巻もじっくり読もっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ciaoakio

Author:ciaoakio
livedoorブログから引っ越してきました。くわっ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。