スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20世紀少年

ecbd3316.jpg映画20世紀少年の完結編を見に行った。
うーん、、、感想は難しい。
つうのは、原作を読んでるだけに、人物への感情移入が補完されてしまう。
原作を読んでない人は人物がやたらいっぱい出てきて、とんでもないどたばた活劇にしか見えんやろな。
確かにこうやって実写化すると、内容的にはリアリティがなくてつらいもんがあるかなー。
TVのドラマとしてやればおもろかったやろうなと思うけど、CMごときでは制作費が取れないというジレンマも生まれる。
この映画の一番の魅力は唐沢をのぞいた見事なキャスティング。
よくぞまあ、こんな似たような、誰も文句つけようのないキャスティングしたなあとほとほと感心するわ。
まさに漫画で出てきた人がそのままここにおる。唐沢をのぞいてw
でもこの3部だけに限っていえば、ケンヂはルンペンみたいになってたので唐沢であってもまったく違和感なくて素晴らしかった。
カンナも可愛くて、原作そっくりやし、いやはや、素晴らしいキャスティング。
物語はかなりはしょられてるくせに原作に忠実なもんやから、あくまで原作ファンにしか薦められん。
原作ファンには実写化したらこんなんなりましたー、みたいな感じで楽しめる、と思う。
映画として完成度を高めるんやったら、ロードオブザリングのように長い原作を一度解体して、脚本を再構築せんとあかんかったやろ。
そしたらもっとおもろい映画となったと思うけど、個人的にはこれはこれでええんかなと思う。原作ファンやし。
原作で最後解りにくかった部分も補完してたんは良かった。
こういったもんやから、おもろいんかおもろないんか、評価不能。
あえてつけるなら50点という、もっともしょうもない点をつける。
DVD安くなったらセットで欲しいかな。ディレクターズカット版にして長くして出せば嬉しい。
たぶんいっぱいカットしたと思うから。

そして終わってから、akkoのブログで紹介されてた名古屋人のソウルフードらしい若鯱屋のカレーうどんを食うた。

えっぇえーーー!!
これは美味いとはお世辞にも言えん。。。
ルーに味や旨みがまったくなくて、まるで給食のカレーや。
麺もどてっとした太い麺で、立ち食いうどんの麺みたい。
akko、すまん。これ、口に合わんわ。
大阪の得正と比べるのもおこがましい。ぶっちぎりで得正の方が美味い。
30点。
いっぺん、akkoに得正のカレーうどんを食うて貰いたいわあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ciaoakio

Author:ciaoakio
livedoorブログから引っ越してきました。くわっ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。